市場・トレンド

コンテンツマーケティングでよくある3つの悩みと解決法

  • はてなブックマーク
  • follow us in feedly

Taboolaが提供するコンテンツディスカバリーは、近年さまざまな企業に利用され、マーケティングキャンペーンの成功に寄与してきました。今回は、多くの企業が経験するコンテンツマーケティングの運用でありがちな課題をとりあげ、解決のポイントは何かを解説します。

悩み1. コンテンツへのエンゲージメントが低い

コンテンツマーケティングにおいて、掲載しているコンテンツのクリックを促す施策は、数あるタスクの入り口部分にすぎません。その投資対効果は、コンテンツを閲覧した人がアクションを起こしてはじめてわかるからです。もしコンテンツページの直帰率が高い場合は、コンテンツに誘導するクリエイティブが、クリック後に得られる経験を正しく喚起できているかを考えましょう。そして何らかの相違に気づいたら、適切な修正を行ってください。
届けたいメッセージを早い段階で促進するために、コンテンツの形式が最適かどうかを確認することも重要です。例えば、TaboolaとClicktaleの調査によると、文章中心のコンテンツはオーディエンスの理性的な意思決定の心理により影響を与えるため、見込み顧客獲得や販売に適していることがわかりました。一方でビジュアル中心のコンテンツは、見る人の感情により強く働きかけ、ブランド認知を促進することがわかりました。
このユーザー視点のアプローチは、ページデザインや平易なナビゲーション、異なるデバイスへの対応などにも応用できます。

悩み2. サイトに集客できてもコンバージョンを得られない

コンテンツページはまず、閲覧者の注意を引き、直接役立つ情報や楽しめる価値を提供しなければなりません。コンテンツを閲覧する人とのつながりを確立できてようやく、メールマガジンの購読や無料トライアル、新規購入といったCTA(コールトゥアクション:サイトの目的である行動を喚起すること)を効果的に促進できるのです。
コンバージョン率はさらに、アクションを起こそうとする際のユーザーエクスペリエンスに依存します。「申し込む」「すぐ買う」などのボタンやモジュールは目立つ場所に設置しましょう。そして、行動を起こしやすいように、目を引くコンテンツとともに配置します。コンバージョンするコンテンツページを作成するためのコツは、THE COMPLETE GUIDE TO CREATING CONTENT PAGES THAT CONVERT(*1)にまとめてあります。

悩み3. 顧客獲得単価が依然として高い

コンテンツマーケティングのキャンペーン立ち上げが無事に完了した場合、CTR(クリック率)についての心配は少しおいておき、代わりに、重要なパフォーマンス指標(コンバージョン率、平均滞在時間、訪問別ページビューなど)に基づいた、クリック一つひとつの質にフォーカスすることになります。CPA(顧客獲得単価)は、国やデバイス(PCやモバイルなど)、媒体などの要素によって大きく異なります。キャンペーン後のデータを分析し、最もパフォーマンスのよいところが把握できたら、その最も価値のあるオーディエンスだけにフォーカスした、新しいキャンペーンを立ち上げます。
パフォーマンスを最適化するためには、「クリック対象をあらかじめ限定すること」が重要です。見出しが訴求する範囲が過度に幅広くにならないようにし、適切なオーディエンスだけがクリックするようにするのです。もちろん、これはCTRを下げるかもしれません。しかし、効率のよいキャンペーンでは、全体にわたってCPCを抑えながら効果を上げることができるのです。

Taboola社と技術提携しているYahoo!コンテンツディスカバリーの商品詳細、出稿に関するお問い合わせは、掲載の代理店または弊社営業担当までご連絡ください。

  • はてなブックマーク
  • follow us in feedly

この記事が気に入ったらいいねしよう!

「いいね」してInsight for Dの最新情報をチェック

Insight for Dの公式Facebookページ、Twitterでも最新情報や取材の様子を発信中。