注目のトレンド

<3分で読める>知っておきたい「SNS」の今

  • はてなブックマーク
  • follow us in feedly

今の時代、マーケティングにSNSを活用している企業は多いと思います。しかし、「どこの企業もやっているから乗り遅れないほうがいい」という発想での取り組みになっていませんか。

SNSのトレンドは日々変化しており、古い知識のまま運用していると、時代に取り残されることになりかねません。4つのキーワードとともにSNSの今を理解しておきましょう。

SNSの主役はミレニアル世代

SNSの隆盛はミレニアル世代によってもたらされたといっても過言ではありません。ミレニアル世代とは、1980年前後から2000年前後に生まれた世代を表す言葉です。たまに「ミレニアル世代=ゆとり世代」と捉えられることがありますが、ゆとり世代は1987年生まれ以降を指すので、より広い世代を差しています。

ミレニアル世代の特徴のひとつが、SNSを積極的に利用する点です。平成28年度の総務省の調査(*1)によると、10代、20代のインターネット利用目的の約70%は「SNSを利用するため」だそうです。ターゲットとなる市場にもよりますが、ミレニアル世代の行動や嗜好(しこう)を理解することで、SNSマーケティングを成功させるための大きなヒントを得られるかもしれません。

ミレニアル世代をもっと知るにはこちら

投稿メッセージが消えるのが今のトレンド?

ミレニアル世代はSNSを積極的に利用しますが、中でも注目すべきSNSは「エフェメラル系SNS」です(エフェメラルとは「一時的な」という意味をもつ言葉です)。

通常、SNSで投稿したメッセージは、自分で消さない限りは残り続けますが、エフェメラル系SNSの場合、一定時間が経過すると投稿内容が自動的に消えるようになっています。たとえば若者に人気のSNS「Snapchat(スナップチャット)」では、メッセージは開封後10秒たつと消える仕様になっています。消えることが前提だと投稿への抵抗が薄まり、たわいのない会話がはずむのも、人気の一因といえるでしょう。

しかし従来型のSNSとは趣向が異なるため、企業も新たな戦略のためにその特徴をよく知る必要がありそうです。

エフェメラル系SNSをもっと知るにはこちら

マイクロインフルエンサーが影響力をもつ時代

SNS全盛の現代では、有名人でなくてもネット上で大きな発信力や影響力を持つことができます。SNS上で膨大なフォロワーを抱える人たちをインフルエンサーといい、チャンネル登録数400万人強を誇るYouTuberのヒカキンさんなどがその代表例です。彼らをマーケティングに活用すれば、多くの人たちへのリーチを見込めますが、リーチする必要がない層に情報発信することになるのもまた事実です。

一方で、フォロワー数は小中規模でありながら特定層に強い影響力を持つ人たちを、「マイクロインフルエンサー」と呼び、マーケティング活用においてにわかに注目が集まっています。

マイクロインフルエンサーは、情報拡散の幅は狭いながらも、特定のコミュニティーにおいて強い影響力を持っているため、効率的な訴求が期待できます。たとえばインスタグラムの場合、フォロワー1000万人以上を抱えるアカウントの平均いいね率が2%未満であるのに対して、フォロワー1000人以下だと平均8%という調査結果があります。

やり方次第ですが、マイクロインフルエンサーをうまく活用できれば、効率的なマーケティングを実現できるかもしれません。

マイクロインフルエンサーをもっと知るにはこちら

購買のあり方を変えるコンテクスチュアルコマース

SNSの発展が与える影響は、ユーザー間のコミュニケーションのあり方だけにとどまらず、Eコマースの姿も変えようとしています。従来のネット通販といえば、自社のECサイトに誘導して購入してもらうのが一般的でしたが、今ではSNSのタイムラインから直接商品を買ってもらおうという、「コンテクスチュアルコマース」という手法が登場しました。

ユーザーからすれば、ほしいと思ったタイミングで即座に購入できる利便性がありますし、企業からすれば、消費者欲求をタイムリーにとらえられるため、双方にメリットがあり、新たな購買の形として期待されています。

ただし、その効果にはまだ議論の余地がありますし、自社以外のプラットフォームでビジネスを行うことには一定のリスクが伴います。企業としてはそのことも認識したほうがよいでしょう。

コンテクスチュアルコマースをもっと知るにはこちら

今回は、「ミレニアル世代」「エフェメラル系SNS」「マイクロインフルエンサー」「コンテクスチュアルコマース」という4つのキーワードから、SNSのトレンドをご紹介しました。企業が自ら情報発信して直接消費者とつながることができる時代だからこそ、SNS活用の最新情報は常にキャッチアップしておく必要がありそうです。

  • はてなブックマーク
  • follow us in feedly

Insight for Dの
ページにいいねしよう!

「いいね!」してInsight for Dの最新情報をチェック

Q. Yahoo! JAPANのデータソリューションは何がスゴイんですか? 答えはこちら

Q. Yahoo! JAPANのデータソリューションは何がスゴイんですか? 答えはこちら