注目のトレンド

師となるか、敵となるか――プロ棋士が見つめたAIという存在

  • はてなブックマーク
  • follow us in feedly

2017年4月。コンピュータ将棋ソフトとプロ棋士が戦う「将棋電王戦」で、現役の名人が将棋ソフト「PONANZA(ポナンザ)」に敗れるという“事件”が起きた。

今ビジネスの世界では、人間の業務をAIに代替させる動きが進んでいる。すでに一部の信託銀行では、株の売買予測はAIに任せて、人間は顧客との信頼関係作りにいそしむなど、役割分担が始まっている。ビジネスであれば、こうしたAIと人間のすみ分けは可能だ。しかし、将棋の世界はどうか。コンピュータ将棋ソフト(以下、コンピュータ将棋)に勝てなくなったとき、プロ棋士はどのように将棋と向き合うのか。日本将棋連盟(以下、将棋連盟)に所属するプロ棋士であり、コンピュータ将棋にも造詣が深い西尾明六段に話を聞いた。
※本記事の段位、タイトル称号は2017年12月時点のものです。

直感と分析で最善手を探すプロ棋士

将棋は、縦横9マスの盤上で互いに駒を動かし、相手の玉将を先に獲ったら勝利というシンプルなゲームだ。シンプルがゆえに奥が深く、プロ棋士同士の対局は常に緊張感に満ちている。

将棋の対局には、大きく分けて「序盤」「中盤」「終盤」という3つの展開がある。まず、定跡(将棋のセオリー)に沿って手を進めて、自分に有利な陣形を静かに作り上げる序盤。そして、自らの“読み”を頼りに手を進め、駒をぶつけ合って激しく攻防する中盤。いよいよ勝敗が決するとき、ミスなく手を進めて相手の玉将を奪いにかかるのが終盤だ。

長い対局になると、午前から夜中まで続くことも珍しくない。長時間、緊張感を保ちながら数手から数十手先まで読み、駒を進めていくプロ棋士たちは、どのようにしてそれぞれの展開を戦いぬくのか。西尾六段はこう話す。

「序盤の展開は、ある程度までは定跡によって決まっているので、定跡から先の展開を予想し、どのような事前研究を行ってきたかがモノをいいます。将棋連盟のデータベースには、40~50年分、約10万局の公式戦の対局記録(棋譜)が保存されているので、それを活用して、“相手が過去にどういった将棋を指してきたか”、“どんな局面でどういう手を指す傾向があるのか”を対局前に徹底的に研究するのです。そのうえで、自分の戦い方を練ります。ですから序盤は互いの事前準備に沿って指し進めることが多いのが、近年の対局の特徴です」


西尾明六段

一方で中盤以降は、事前の準備通りに進めることが難しい。中盤の将棋は、局面ごとの指し手の選択肢がプロ棋士の目から見ても10手以上に及ぶこともあり、その局面のパターンは一手進むごとにねずみ算式に増えていく。そのため、勝負の流れを事前に完璧に予想することは不可能だ。

「定跡と事前準備を用いた戦いの先は、読み合いの勝負。いわば、未知の領域での戦いであるため、プロ棋士は“直感”と“分析”を頼りに指しています。“直感”とは、過去の経験を基に発想する指し手の選択肢のことです。“分析”は、直感で思い浮かべたそれぞれの選択肢を読み進めて、最善の一手を取捨選択することです。つまり、いかに優れた手を発想し、正しく取捨選択できるかに棋士の強さがあるのです」

直感と分析によって、数々の名勝負を繰り広げてきたプロ棋士同士の盤上の戦い。だが、コンピュータ将棋の能力は、そんな人間の力が及ばない域に達している。

将棋の持つ可能性を広げたコンピュータ将棋

コンピュータ将棋の強さは、「探索」と「評価」によって支えられている。探索とは、その局面における有効な指し手を探すことだ。優れたスペックのパソコンを使えば、1秒間に数百万から数千万手を探索することが可能であり、わずかな時間で数十手先の局面まで読めるという。評価とは、探索した先の各局面に点数をつけることだ。玉将と他の駒の幾何学的な位置関係をもとに、その局面の有利不利を点数で表し、点数が最も高い一手を指していく。


コンピュータ将棋は指し手を「探索」し、その指し手に点数をつけて「評価」することで、有効な指し手を選択していく。

2006年にコンピュータ将棋のプログラム「Bonanza(ボナンザ)」(*1)が登場して以降、コンピュータ将棋は「評価」する部分に機械学習を取り入れることで劇的に強くなった。「将棋電王戦」の第1回大会が始まった2012年当時は、まだプロ棋士とコンピュータ将棋の実力は拮抗(きっこう)していた。しかし、2017年、とうとうプロ棋士の頂点ともいえる名人でさえ勝てなくなったのだ。


プロ棋士とコンピュータ将棋が対局する「電王戦」。2017年は佐藤天彦名人が二連敗するという結果となった。
©日本将棋連盟

コンピュータ将棋の進化を間近で見てきた西尾六段はこう語る。

「数年前まで、コンピュータ将棋が指す手に対して違和感を口にするプロ棋士も多かった。それまでの将棋の常識から外れており、『人間の将棋とコンピュータの将棋は別物』と言う人もいました。しかしいまや、将棋の400年の歴史のなかで人間が作り上げてきたいくつもの戦法は、将棋のなかのほんの一部にしかすぎなかったことが、コンピュータ将棋によって明らかにされたのです。コンピュータ将棋が生んだ新手や新定跡は、数多くあります。将棋が持つ可能性は、人間が考えていたよりももっと広かったということです」

コンピュータ将棋を“教師”として受け入れるプロ棋士たち

人間とコンピュータの実力が拮抗していた時代から数年経ち、今ではコンピュータ将棋の強さは皆が認めるところとなった。このような状況をうけて、プロ棋士のコンピュータ将棋への向き合い方に変化が起こったという。

「コンピュータ将棋は、棋士にとってライバルではなく“教師”になりつつあります。以前は、羽生さんのような存在がプロ棋士たちのお手本となっていました。でも、今はプロ棋士を超える強さがコンピュータ将棋にはあります。プロ棋士の多くはその事実を受けとめ、自分たちの棋力(将棋の実力)を高めるための存在として向き合うことにしたのです」

では、コンピュータ将棋をどのように活用しているのか。西尾六段によると、序盤から中盤にかけての研究相手として、また対局後の自身の対局内容を復習するためのツールとして活用するプロ棋士が多いそうだ。

「序盤から中盤にかけての優劣は、選択する戦法における研究の深さがモノを言います。そのため、コンピュータ将棋を相手に練習し、どのような局面でどのように評価を下すのかを学んで、戦略を練る棋士が増えています。今ではプロ棋士たちの研究会でも、『コンピュータ将棋は●点と評価している』といった会話が当たり前にされるようになりました。また私の場合は、対局後は、自分の棋譜をコンピュータ将棋がどのように評価するのか確認します。いつどの局面で評価が下がったかを確かめて、誤った手を振り返ることで次の対局に生かすのです」


赤囲みの部分が棋譜で、一手ずつ駒の配置が記録されている。棋譜データを読み込ませることで盤面の駒を動かし、対局を再現できる。

コンピュータ将棋の進化は、棋士の対局スタイルにも影響を与えている。従来、序盤からじっくり時間をかけて戦う棋士が多かったが、最近では、序盤にあまり時間を使わず、中盤以降のために時間を残す若手棋士が多いという。将棋の対局は、持ち時間の短い「早指し」といわれる対局では数十分、名人戦など2日間に渡って行われる対局では最大9時間など、棋戦ごとに持ち時間が定められている。持ち時間を使い切ると、極めて短い時間(1分未満)で指さなければいけなくなる。そのため、勝敗に直結しやすい中終盤に持ち時間を多く残すことはいうまでもなく重要だ。

「入念な事前研究をすることで知られる若手棋士の豊島将之八段は、序盤は時間をかけずに指し、中盤以降に時間を多く残して戦います。同じく若手の菅井竜也王位は、序盤の早い段階で定跡から外れた新しい構想を用意しており、早々に独自の展開に持ち込みます。これは、コンピュータ将棋を活用して綿密に事前研究できるようになったことで、どうしたら勝ちに結び付くかという点において、より戦略的に自分のスタイルを追求するようになった結果といえると思います。また藤井聡太四段の指し手を見ていると、コンピュータ将棋からの影響を感じることも多々ありますね」

かつてのプロ棋士は、新聞や雑誌の将棋コーナーに載っている棋譜を見て勉強し、将棋連盟のデータベースをもとに研究を重ねてきた。それらはいずれも「人間」を師とする学び方だ。しかし、これから台頭してくるであろう若手は、物心ついたときからコンピュータ将棋に触れ合ってきた世代。コンピュータ将棋世代ともいうべき、新しい将棋のスタイルが生まれても不思議はない。

プロ棋士の存在意義を見つめなおす変革期

コンピュータ将棋がプロ棋士たちに受け入れられたことで、西尾六段は、将棋の奥深さを改めて知ったと同時に、自分たちの“意思決定”についても考えることが多くなったという。

「棋士には“棋風”という戦い方の個性があります。論理的に指し手を決めているようにみえますが、その選択には好き嫌いが表れます。自分の指し手を決定する際に、たとえば相手の棋風を考慮するというのもひとつの戦い方。人間だからこそ力を発揮できる心理戦で、われわれプロ棋士はどのような意思決定をしていけるのか。コンピュータ将棋の存在によって、そういったことを深く考えるようになったと思います」

そしてコンピュータ将棋の進化は、ひとつの重大な命題を将棋界に突きつけた――コンピュータ将棋に勝てなくなった今、プロ棋士は必要なのか。

「プロ棋士という職業は、応援してくださるファンの方や、支えくださるスポンサーさんがいて、初めて成立します。コンピュータ将棋に勝てない以上、棋士という職業は必要なのかという声もよく聞きます。でも私自身は、プロ棋士が見せる対局中の緊張感や、鬼気迫る一手に心を動かされますし、人間ならではのドラマに感銘を受けることもあります。それらはコンピュータ将棋に勝てなくなったからといってなくなるものではありません。将棋という娯楽のなかで、人間同士の戦いがどういう魅力を発信できるか。プロ棋士がこの先生き残れるかどうかは、それに尽きると思います」

ライバルではなく“師”となり、新たな世代の誕生に影響したコンピュータ将棋は、いまや将棋の楽しみ方そのものを変えようとしている。ビジネスの世界では、「人間の仕事を代替する存在」としてAIを受け入れつつあるが、勝負の世界ではそれとは異なる形で受け入れられている。AIとうまく共存していくためには、新たな価値を共創できるよう、われわれ人間の考え方も進化させるべきかもしれない。


注釈:
(*1)2017年の電王戦で佐藤天彦名人を破った「PONANZA(ポナンザ)」とは別のコンピュータ将棋。

プロフィール

西尾明

1979年神奈川県生まれ。90年に6級となり奨励会に入会。95年初段、03年四段(プロ入り)、07年五段、11年六段。コンピュータ将棋に精通し、2015年の電脳戦FINALでは将棋連盟側のアドバイザーを務めた。

  • はてなブックマーク
  • follow us in feedly

Insight for Dの
ページにいいねしよう!

「いいね!」してInsight for Dの最新情報をチェック

Q. Yahoo! JAPANのデータソリューションは何がスゴイんですか? 答えはこちら

Q. Yahoo! JAPANのデータソリューションは何がスゴイんですか? 答えはこちら