注目のトレンド

最新テクノロジーで変わるメディアの在り方――「メディア×ブロックチェーン」

  • はてなブックマーク
  • follow us in feedly

印刷、通信、放送、そしてインターネット――活版印刷が生まれた15世紀以降、テクノロジーは既存メディアの課題を解決し、さらに新たなメディア領域を拡張してきた。では、21世紀に入って勃興した新たなテクノロジーは、メディアにどのような影響を与えるのか。

以前、本サイトで議論したVRやARだけでなく、人工知能(AI)、それにブロックチェーンなど、メディアに関わるテクノロジーの進化は誰にも止められない。機械と人間が共存する近未来に、メディアはまだ存続できるのか。そんな疑問を頭に浮かべつつ、この連載ではメディアとテクノロジーの関係について3回にわたり議論していきたい。

第1回はブロックチェーンに目を向けてみる。「ブロックチェーン×メディア」の先に、一体、何が見えるだろうか。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンは、不正や改ざんのできないデジタル記録台帳である。そして記録を利用者全員で認証するため、管理者を必要としない。コミュニティーの全員が直接参加する「直接民主制」であるがゆえに、不正ができない。この透明性と非中央集権型システムが、ブロックチェーンの特徴だ。

たとえば、仮想通貨の一種として話題のビットコインにも、ブロックチェーンが活用されている。もちろん、仮想通貨だけでなく、「透明性のある非中央集権型で低コスト」という特徴を生かし、エストニアでは住民台帳に活用するなど、企業だけでなく行政での導入も進んでいる。モノ、カネ、ヒトの移動を記録する手段として、ブロックチェーンは最適なのだ。そして、このブロックチェーンを、メディアやコンテンツビジネスに応用するプロジェクトも存在する。

ブロックチェーンのメディア応用事例

ドイツで2016年に始まった「Ascribe」というサービス(*1)では、デジタルコンテンツの取引をブロックチェーンで管理している。Ascribeに登録された作品には固有のIDが付与され、その作品IDに送金データを加えてビットコインの送受金を行うことで、取引履歴がブロックチェーンに残る仕組みである。つまり、不正や改ざんができないというブロックチェーンの性質を著作権管理に応用しており、ブロックチェーン初期のアイデアといえる。

もう一つ、最近の流れで目立つのは、プロジェクトで発行するトークン(仮想通貨)を、メディアを持続するための動機付けに利用するものだ。米国「Steem」(*2)は、投稿型ブログメディアであるが、投稿者と読者にトークンを配布し、良質な投稿を促進する。「いいね!」がたくさん付いた記事の投稿者(クリエイター)に多くのトークンが付与されるだけでなく、該当記事にいち早く「いいね!」を付けた評価者も良質なキュレーターと評価され、トークンがもらえる。日本にも、Steemと同様のプロジェクト「ALIS」(*3)がある。イメージとしては、「NewsPicks」に報酬としてトークンを加えたようなものだろうか。

また、2018年1月にラスベガスで開催されたConsumer Electric Show(CES)(*4)においても、ブロックチェーン関連のセッションで、まだ知られざるメディア・コンテンツ系のプロジェクト関係者が多数登壇した。その中の1つ「VideoCoin」(*5)、は、個人のパソコンをネットワーク化するP2Pの配信システムに、ブロックチェーンを活用している。エンコードやストレージなど、映像配信に必要な作業への貢献度の対価として、トークンを付与する仕組みだ。

VideoCoinのセッションの模様
提供:志村一隆

2021年までに、インターネットへアクセスできる世界の人口は40億人以上になるとされ(*6)、Ciscoによれば、2016年~2021年にモバイルのデータ利用量は7倍に増える(*7)。この膨大なネットワーク利用量を、利益を出し続けなければならない企業は支えることができるのか。

この問題を、VideoCoinのサービスが解決する可能性がある。最高経営責任者(CEO)を務めるHasley Minor氏は、CESのブロックチェーンセッションにおいて「資産を自ら持たないプラットフォームであるUberやAirbnbの動画配信版を目指す」と語っている。

ほかにも、「Alpha Token」(*8)は独自のブラウザーを開発。そのブラウザーを介したコンテンツ消費に対し、広告主から消費者にトークンが配布される仕組みを考えた。CEOのWallace Lynch氏は、「あらゆる人のクリエーション活動を応援すべく、このプロジェクトを立ち上げた」と語る。Alpha Tokenはこの仕組みから収益を受け取らず、自身の持続性はICO(Initial Coin Offering)(*9)からの収入でまかなうという。

Alpha Tokenのセッションの模様
提供:志村一隆

本質そのものが変わる未来のメディアの姿

YouTubeやNetflixの登場は、コンテンツの流通革命だったといえる。なぜなら、テレビと同じコンテンツを、テレビよりも利便性を上げ、安価にサービスを提供したからだ。ただ、彼らは企業として株主への貢献を求められるし、プラットフォームとクリエイターには不可侵の役割分担がある。2017年4月にYouTube側が再生回数1万回を超えないクリエイターへの支払い方針を変更したことからも分かるように、クリエイターは彼らのプラットフォーム運営に参加できない。

ところが、ブロックチェーンを応用したメディアプロジェクトの多くはプラットフォームをコミュニティーと捉え、運営者だけでなくクリエイターや閲覧者も、そのコミュニティーの意思決定に関わることができる。Alpha Tokenは自分たちの収益には興味がなく、一方でALISはネットコミュニティーで、プロジェクトメンバーと一般ユーザーがサービスの方向性について議論している。

今日、撮影や編集機材は安価になり、誰もが情報の作り手であり受け手になった。しかも、世界人口の残り半分は、まだこのインターネットの世界に参入していない。そこから未来を考えると、テクノロジーを資本主義的に扱うのではなく、全員参加型で、かつシェアリングエコノミー的なブロックチェーンの仕組みの方がしっくりくる。

テクノロジーは効率性を追求するためだけではなく、社会運営のコンセプトそのものを変えるために利用する必要がある。海賊版やページビュー偏重といった効率性が生み出すメディアの課題解決にブロックチェーンは最適なテクノロジーだろう。そして、そこから生まれるメディアは、既存メディアと比べて、その本質自体が変わる可能性があるのだ。

【参考記事】
最新テクノロジーで変わるメディアの在り方――「メディア×AI」

  • はてなブックマーク
  • follow us in feedly

Insight for Dの
ページにいいねしよう!

「いいね!」してInsight for Dの最新情報をチェック

Q. Yahoo! JAPANのデータソリューションは何がスゴイんですか? 答えはこちら

Q. Yahoo! JAPANのデータソリューションは何がスゴイんですか? 答えはこちら

Insight for Dの公式Facebookページ、Twitterでも最新情報や取材の様子を発信中。