組織づくり・人材育成

テクノロジーのプロ集団「BASSDRUM」がビジネスに不可欠な理由

  • はてなブックマーク
  • follow us in feedly

技術力とコミュニケーションスキルに長けたメンバーが集結した会社「BASSDRUM(ベースドラム)」をご存じだろうか。

BASSDRUMは、代表の清水幹太氏と、鍛治屋敷圭昭氏、村上悠馬氏の3人が2018年に立ち上げた、「テクニカルディレクター」だけで構成されている企業であり、コミュニティーだ。すでにさまざまな分野の企業から引く手あまただというが、なぜBASSDRUMは必要とされるのか。その理由を探るべく、設立メンバーの鍛治屋敷圭昭氏に話を伺った。

エンジニアの地位向上を目指して

BASSDRUMは、テクニカルディレクターという職種のメンバーだけを集めて設立された異色の企業だ。

テクニカルディレクターは直訳すると「技術責任者」だが、実際は定義があいまいで、単に技術的に優れたプログラマーを指す場合やエンジニアと同義で使われることも多い。鍛治屋敷氏は次のように説明する。

「テクニカルディレクターとは、プロジェクトの実現性に責任を持つ職種だと考えています。クリエイターやブランドマネジャーが考えた企画をちゃんと世に出せる状態にすること、企画の目的を実現することに、技術を駆使して貢献します。そのためには、単にプログラミングスキルが優れているだけでは駄目で、ビジネスへの理解も不可欠です。ビジネスサイドと技術サイドの間に立って『通訳』するような役割も担うのがテクニカルディレクターという存在だと思います」(BASSDRUM 鍛治屋敷圭昭氏)

また、鍛治屋敷氏はBASSDRUM発足の経緯をこう話す。

「クライアント企業が新たなサービス開発などのプロジェクトを発足する場合、クリエイティブディレクターは当初から関わっているケースがほとんど。でも、エンジニアが初期段階に呼ばれることはまれで、多くの場合は途中参加なのです。この背景には技術が軽視されている風潮や、エンジニアの立場が日本では比較的弱いという傾向があります。この状況をなんとかしたい、エンジニアの地位を向上したいという思いから、テクニカルディレクターのみで構成される会社を立ち上げました」(鍛治屋敷氏)

近年、企業競争力の強化にデザインを活用する「デザイン経営」が話題になっている。デザイナーが経営の意思決定に関わり、経営者の右腕として存在すべきだという考え方だ。鍛治屋敷氏は、エンジニアもそんなデザイナーと同様に、経営者を支える存在であるべきだと考えている。

「プロジェクトの途中段階で、技術面の実現性やセキュリティ面の課題などが判明すると、想定外のコストがかかったり、一から企画を見直す必要が出てきてしまったりするなどの問題が起きかねません。もしプロジェクトの最初から、あるいは経営者の近くにテクニカルディレクターが入ることができれば、そのようなことはなくなるはずです」(鍛治屋敷氏)

鍛治屋敷氏

欧米に比べて日本のエンジニアやプログラマーは待遇に恵まれず、キャリアアップする場合はマネジャー職に就くというのが一般的だ。しかし、制作が好きで現場で手を動かしていたいという人も中には多い。鍛治屋敷氏は、そのような人々のために「エンジニアが目指す先に、経営者の右腕になれるテクニカルディレクターという存在がある」というメッセージをBASSDRUMの活動を通じて発信していきたいと語る。

「われわれの最大のミッションは、テクニカルディレクターの社会的価値を高め、世の中に広めていくこと。なので、企業と組んだプロジェクトは、弊社のサイトを通じて『BASSDRUMはプロジェクトのどこに貢献したのか』を積極的に発信していきます。世の中にエンジニアの価値を認めてもらうことで、待遇やキャリアが改善されるようにしていきたいのです」(鍛治屋敷氏)

専門性に特化した人材が集まることの強み

BASSDRUMには、役員や社員が合わせて5人いるほか、「コミュニティーメンバー」と呼ばれるフリーランスや他の会社に所属するテクニカルディレクターも5~10人ほど参加している。社員とコミュニティーメンバーを区別してはいないため、ギルド型組織 (*1)に近い形といえるかもしれない。

ギルド型組織としてテクニカルディレクターが集まっていることには、大きなメリットがある。

「すべての分野の技術を専門的に理解できる人材はなかなかいません。その点において、弊社にはさまざまな分野に精通したテクニカルディレクターがいます。もし担当しているプロジェクトで専門外の技術が必要になったとしても、機密情報を侵さない程度に他のメンバーから詳しい情報を得られるので、幅広い範囲に対応できます」(鍛治屋敷氏)

BASSDRUMに所属するテクニカルディレクターは、技術的なスキルを有しているのはもちろんのこと、マーケターやクリエイティブディレクターとしての経験も豊富な人材ばかりだ。だからこそビジネスを理解し、クライアントの課題を解決するための手段として技術スキルを最大限に発揮できる。

鍛治屋敷氏

テクニカルディレクターという存在への潜在的ニーズ

ところで、BASSDRUMは具体的にどのような活動をしているのだろうか。「エンジニアやプログラマーを抱える制作会社」というと、開発の受託案件やエンジニア派遣ばかりを生業としているように捉えられがちだ。しかし、BASSDRUM手がけるのは受託案件ばかりではない。特に注力している事業は主に3つあるという。

「1つ目は企業の事業開発と、それに伴うコンサルティングです。たとえば新規事業の立ち上げに際して技術の問題があれば、われわれが進行管理をサポートしながらプロダクトのプロトタイプ化を行います。また、技術の相談先がそもそもないという課題に対して、『レンタルCTO』のような形でサポートすることもありますね。2つ目は、スタートアップへの投資事業です。これは技術開発それ自体を投資として行い、リリース後の収益をレベニューシェアしていくというものです。3つ目は、コミュニティー事業です。国内外のさまざまなテクニカルディレクターとつながって、技術を共有する機会を設けたり、適切なプロジェクトへのアサインなどを行ったりしてコミュニティーを広げていく予定です」(鍛治屋敷氏)

コンサルティング事業については、BASSDRUMの設立当初から多くの依頼があったそうだ。プロジェクトメンバーにテクニカルディレクターを入れてほしいということを、関わりのあった企業に事業説明とともに話をしに回ったところ、予想以上に好意的な反応があったのだという。

「われわれはプロダクトやサービスを開発するにあたってプロトタイプを作るという話をしましたが、それより前段階にも多くの仕事があります。UXはもちろん、技術面や法律面から見た実現の可能性、オペレーションなどクリアにすべきいくつものプロセスがあり、それらすべてをケアしていくための役割として、実は企業もわれわれのような存在を求めていたのだと思います」(鍛治屋敷氏)

実際に、BASSDRUMが関わった事例として、占いのウェブサービス「Solarita 」(*2)がある。このプロダクト開発では、依頼者の占い理論をアルゴリズムに落とし込んだほか、UIやUX、運用CMSを構築。短いスパンでプロトタイプを制作し、細かい調整を繰り返しながらリリースした。


「長期間かけて、慎重に企画を煮詰めてリリースまでこぎつけても、絶対に改善点は出てきます。それならば、その10分の1の時間でプロトタイプを作って、小さな改善を10回行ったほうが、結果的にクオリティーの高いものができますし、リリース後にも改善を重ねるのでちゃんとユーザーに使われるものが完成します。テクニカルディレクターがプロジェクトに参加すると、『リリース、フィードバック、改善』というサイクルを素早く回すことが可能になりますね」(鍛治屋敷氏)

最後に鍛治屋敷氏は、BASSDRUMの将来像について次のように語った。

「多くの企業にテクニカルディレクターの価値が理解され、当然のように事業開発等のプロジェクトの座組みにテクニカルディレクターが参加するようになったとき、BASSDRUMは役割を終えるのではと本気で考えていますし、そうなってほしい。そのためにも、若手のクリエイターがテクニカルディレクターに憧れるようになってほしいです。エンジニアの地位向上を目指して、私たちの成果、実績を今後も発信し続けます」(鍛治屋敷氏)

注釈:
(*1)「プロフェッショナルが集う集団」として、近年デザインやエンジニアなどの専門職で注目されている組織形態の一つ。企業と従業員という枠組みとは異なり、個人の自由を尊重するなど、フリーランスや副業の働き方としても注目されている
(*2)Solarita(外部サイト)

プロフィール

BASSDRUM 鍛治屋敷圭昭氏

広告代理店にてマーケターや、プロデューサーに従事したのち、2014年にプログラマーとして AID-DCC Inc.に入社。2018年、テクニカルディレクター・コレクティブ「BASSDRUM」を設立。カンヌライオンズ: 金賞、Spikes Asia: 金賞をはじめ受賞多数。

  • はてなブックマーク
  • follow us in feedly

Insight for Dの
ページにいいねしよう!

「いいね!」してInsight for Dの最新情報をチェック

Yahoo! JAPANのデータソリューションについて

Yahoo! JAPANのデータソリューションについて

Insight for Dの公式Facebookページ、Twitterでも最新情報や取材の様子を発信中。